チュウサギかな…

鶴見川の岸辺を歩いていると、サギがしなやかに歩いていた。人でいうとひざを曲げながらクッションをきかせて歩いている感じ。

ダイサギかチュウサギで、チュウサギなら11月中に南に渡ってしまう。九州など暖かい地域ではそのまま越冬するそうだ。大きさで判断するのもなかなか難しく、くちばしが黄色い、くちばしの口角が目の下までいっているかなどで、チュウサギとダイサギを区別するそうだが、それぞれの群れの中に混ざっていたり、なかなか難しい。
チュウサギのように思えるが、どうなのだろう。また出会ったらもっとじっくり観察してみよう。