能勢電鉄と廃止が決まった妙見の森ケーブルカー、神戸電鉄の旅

ハマトラこじまがつづる毎日

今年の12月4日に妙見の森事業のすべてから撤退。それに伴い、ケーブルカーとリフトも廃止。
ケーブルカーは日本では珍しい標準軌(新幹線と同じJR在来線より広い)を利用していて、廃止になると熱海の十国峠ケーブルカーだけになる。戦前には2本のケーブルカーとして運転されていたが、戦争中の鉄の供出で線路がなくなり、戦後もケーブルカーではなくリフトで開業した。

能勢電鉄Webサイトより

妙見の森の関連施設もすべて廃業してしまう。

能勢電鉄より
能勢電鉄より
能勢電鉄より

ケーブルカー、リフトを堪能すると共になかなか乗車できない能勢電鉄全線も走破します。

能勢電鉄Webサイトより
能勢電鉄より

もう一日は山岳鉄道の顔を持つ神戸電鉄

華やかな神戸の名前がついているが、ローカル線の顔も持つ。

神戸電鉄Webサイトより

路線図を見るとわかるように、鈴蘭台で有馬・三田(さんだ)線と粟生(あお)線が分かれている。全線乗車うするとなるとほぼ一日かかる。

時間があえば、キリンビール神戸工場見学も可能

抑速ブレーキを使用して勾配を下ります

予定の行程

羽田空港→神戸空港
ANAマイレージクラブ会員の方は特別マイル往復6000マイル
神戸市内2泊予定

能勢電鉄、神戸電鉄交通費、企画料、災害補償含む旅行代金(参加人数で変動します)

1名一室 6000マイル+39800円(人数によって変動)
ANAマイレージクラブ会員以外の方は、スカイマーク利用で往復18000円(出発日で変動)

日程は参加希望の方の希望を伺って決定します。

お問い合わせはお気軽にどうぞ(旅行代金は人数が決まらないとお答えできません)

Translate »
タイトルとURLをコピーしました