ふざけた一時支援金制度

持続化給付金に変わって、一時支援金制度の申請が今月いっぱい行われている。
前回と違うのは、帳簿や領収書類を提出するという面倒なこと。
さらにひどいのが、確認機関で事前確認をうけないといけない。

確認機関は税理士、行政書士、商工会議所、信用金庫など。
国が1000円の報酬を出すので、利用者は無料、これに90%の機関が同意しているとわざわざ太書きで書いてある。
国からの1000円を受け取らなければ、仕事として好きな報酬に設定していいことになっている。

結局、税理士は顧客しか無料でなど受け付けない。商工会議所や青色申告会も会員でなければ受け付けない。
そうなると、無料で受けてくれる士業の先生はほとんどいない状態。
それは仕方ないとしても、90%以上の機関が無料で引き受ける、柔軟な対応をお願いしてあるとは無責任すぎる。

無料で受け付けてくれるという偉い先生がいらっしゃったので、丁重にお願いすることにした。
次回の支援金はもらえなそうなので(売上がないから)確認機関として1000円で受け付ける予定。

一時支援金制度
https://ichijishienkin.go.jp/