徳島阿波おどりツアー2024

羽田発着・会場徒歩圏内ホテル
1名様より・添乗員同行なし
※航空便により、旅行代金が大きく変わります

お早めにご連絡ください(詳しくはこちら)

特定健康診査

横浜市から通知が来た。
40歳になったから検診受けなさいお金出してあげるから。
横浜市の健康保険の医療費の3分の1は生活習慣病なんだからさ。
サラリーマンではないと健康診断も自発的に受診しないといけない。
治験をすると血液検査はするからコレステロール値が高いことだけは自覚している。
要するにメタボリックシンドロームの人たちに早くから自覚してもらおうというイベント。
オプションでがん検診も受診できる。
自己負担額 400円(詳細は語らない)
胃がんX線間接撮影 1570円(直接撮影は3140円)
大腸がん(便潜血検査) 600円
子宮がんと乳がんは女性で、前立腺は50歳以上だ。
肺がん X線間接撮影 680円(+喀痰1350円)
歯周病は40歳から10年に一度。500円だけど市原のお客様が歯科医だからいいや。
合計3250円。
中学生のときに結核の疑いがあって、胃液を培養するために管を入れて胃液を採取したことがある。
あれはきっと胃カメラとほぼ同じ体験だろう。
でもあの悪名たかいバリウムは初体験。
医療機関のリストを見てみた。
オルト横浜クリニック…うちの下にあるクリニックだ。
今日直接出頭して予約してこよう。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました