いよいよ明日

明日は朝9時までに、大井射撃場に行かないといけない。
大井射撃場へ公共交通機関で行くには、新松田からバス20分、または東海道線の二宮駅からバスで40分。
新松田からバスは便がなく不可能。
二宮駅を7:46のバスに乗ればたどり着くことが判明。
ところが、おなかが痛くなって途中下車したら4時間後なので終了。
講習は12時に終わり、徒歩10分のバス停を12:06発の後は2時間後。
仕方がないのでレンタカーで行くことにした。
レンタカー屋は8時からなので、その時点で前の晩から借りるしかない。
朝までどこかに駐めなければならず、近所では朝まで駐めると1000円を大きく超えるので、仕方がなく徒歩10分上限値400円のところへ。
レンタカー屋まで徒歩25分、あさっての夜8時までで4250円。
この安さの秘密は、黄色い車のどてっ腹に「日進レンタカー」と描いてあるから。
そんなものは乗ってしまえば気にならない。
見た人も、ああ社員なのかなと思うだけ。
明日の朝は4時半に起きて、いそいそと徒歩15分の駐車場に行き、大井射撃場へ。
午前中で教習を終えて、せっかくなので箱根方面に下見に行き(いつ仕事になるかはわからないが)、足柄SAで宿泊。
芦ノ湖畔の道の駅も考えたが、治安の面でちょっと怖いので、足柄SAへ。
下道から階段でSAへ上がることもできるが、そうなると寝るときに結局人気(ひとけ)のない駐車場で寝ることになるので、大井松田ICから足柄SAに行くことにしよう。
足柄SAはお店が充実していて、宿泊施設や温泉施設もある。
明け方には高速バスが時間調整でここで休むのだ。
500キロ超えの遠くから来て東京に行くには、まだ早いとなるとここで時間調整。
朝の3時、4時には上り方面にたくさんの高速バスが並ぶらしい。
ああ、こんな深夜でも働いている人はたくさんいるんだな、ぼくもがんばろう、と一日だけ思う予定。
何が不安でもないのだけれど、実弾で射撃をすることは、やはり緊張する。
スナイパーになろうと銃を持って、ハンターへ転身への第一歩。