回転寿司

旅行に行くと回転寿司に行くことが多い。
基本的には魚がおいしいところで、おいしい魚の回転寿司のお店。
安いといっても、街のお寿司屋さんより安いというだけで、一皿315円以上がデフォルト。
札幌、金沢、佐渡の回転寿司は素晴らしくおいしかった。
いいものが安い回転寿司と、安いもので作った回転寿司がある。
いわゆる、三大回転寿司チェーン。
いろいろ調べてみると、偽装というか代用魚ばかり。
イワシのお寿司も手間がかかるので、北米などのニシン科の魚で、冷凍された状態で入ってくる。
数の子も、ししゃものような魚の卵をバラバラにして添加物、味付けをして再びプレスしたもの。
ある程度はおいしいけれど、やっぱり満足のゆく味ではなく魅力的なのは価格だけ。
地方の回転寿司でおいしいお店を見つけるコツ、行く前にインターネットで調べて行くこと。
埼玉の坂戸と長野でかっぱ寿司、水樹奈々ちゃんの故郷である新居浜でスシロー、未経験の無添くら寿司はどこで行くことになるだろうか。