ANA特典航空券

今年の10月に無効になるマイルが1万マイル以上あり、来年2月までに3万マイル無効になるので、時間があるうちにどこかに行ってみよう。
ANAの国際線特典航空券のルールとして、次のようなものがある。
日本発着の場合、往路2カ所、復路2カ所で24時間以内の乗り継ぎができる。
羽田→石垣(24時間以内)→関西(24時間以内)→海外→名古屋(24時間以内)→新千歳(24時間以内)→羽田
この行程で必要なマイルはANAの場合は海外の往復マイル。東京=韓国ならローシーズンで12000マイル、中国・マニラなど17000マイルこれで日本国内が周遊できる。
韓国で調べてみると、純粋なANAの便は成田と羽田からしか就航していなかった。韓国線はアシアナ航空のコードシェア便がほとんど。コードシェア便を利用すると、12000マイルから15000マイルにアップする。その代わり、宮崎、福岡、関西、名古屋、新千歳などたくさんの空港から韓国に行かれる。
中国ではいくつかの空港が成田(羽田)と関西から就航している。この場合ANA便だけに乗れば17000マイルで往復できる。
実質、15000マイルで韓国を往復してくるか、17000マイルで中国を往復してくるか。
どっちにしても、行きたいようなあまり行きたくないような…
 

コメントをどうぞ