スプリングバレーブルワリー東京

代官山にキリンビール工場がある。ごく小規模で、レストランで提供するために作っているようなもの。

みんなが飲んでいたのはこれ。

ビールには上面発酵と下面発酵があって、発酵が進むと酵母がどうなるかで分けられる。
上面に集まるのがエール、下面に沈んでいくのがラガーといわれる。
ラガーの方が低温で熟成させるため雑菌が繁殖しにくいので、大量生産に向いていてる。
量産されている缶ビールはほとんどがラガー。反対に、フルーティーな味のビールとなるとエールが多い。
珍しくグアンチャーレがあった。グアンチャーレは豚のほほや首の肉を塩漬け熟成して作られる。ローマではカルボナーラやアマトリチャーナには欠かせない。
パンチェッタはバラ肉を使ったもの。

見たとおり、脂ばっかり。豚の角煮の脂がおいしいように、豚肉は脂身にこそうまみがある。食べた瞬間は脂身だが、体温で溶けてうまみを感じる。
何年ぶりかで焼きリンゴも食べた(もちろん味見程度)

クラフトビールはおいしいけれど、一杯800円ともなるとワインが飲みたくなってしまう。
体調があまり良くなかったので、体調にいちばん左右されるビールだったのが少し残念。

コメントをどうぞ