2017年最後の覆面調査

2017年最後の外食はイタリアン。前にも行ったことがあるお店で、こじんまりとしているお店で禁煙なので居心地がいい。

いわゆるツナサラダなのだけれど、カンパーニャ風とある。カンパーニャとはナポリがある州で、オリーブを入れるとおいしいということがわかった。今度作る。
栗かぼちゃと牛乳っぽい味のリコッタチーズ、はちみつがおいしい。

うちにあるもの、かぼちゃ、アーモンド、豆腐では似た味にならないだろうか。
冬のナポリ定番のピザと書いてある。

ブロッコリーと、フリアリエッリ。ナポリではポピュラーな冬野菜で、ほろ苦い味が日本では菜ばなのようなものだろうか。ブロッコリーを混ぜてコストを下げるのと食べやすくしているのだろうか。ブロッコリーも今は恐ろしい高値になっているが。
ピザはトマトソースとチーズがなくちゃ、と思っているがこれは別なものでおいしい。
トマトソースとにんにくでチーズがないマリナーラも好きだし、こうしてトマトソースではないものもおいしい。おいしいけれど、これで2000円超えはやっぱり高い。以前ブログにも紹介したとおり、石窯の燃料代が高いからというのが大きい。ナポリのピザ屋のように、ピザがどんどん焼けてどんどん食べる環境なら半額にはできるはず。
こうして2017年の覆面調査が終わった。数えてみたら、今年の回数は93回。イタリアに二週間近く行ったし、試験があったので控えたときもあったので少なめ。昨年は134回だったので40回も少なくなった。
ほぼすべての調査で写真を撮っているので、見直すことで思い出すことができるので便利。
来年もおいしいお酒が飲めますように。

コメントをどうぞ