船舶免許更新とロープウェイ

小型船舶免許の更新は5年。おっちゃんの5年は若い人の2年ぐらいの感覚。

更新講習(1時間くらい)、身体検査(視力検査メイン)が行われ、海事代理士に依頼するか自分で申請して免許証を受ける。

定員を減らしているので、早めに申し込んだほうがいい。受講料の安いところは一ヶ月以上先が普通。
船舶免許は性質上、一年前から更新することができて、冬場は出足が鈍るのでチャンス。

毎回もらうテキストは5年ごとのはずだが、うちに何冊もある。時間が経つのは早い。

海事代理士試験を受けた横浜第二合同庁舎では、個人タクシー試験とやらをやっていた。想像だが、個人タクシーは要件を満たすのが難しく、試験そのものは難しくないのかと。

コンピューター読み取り方式の申請書を提出すると、ほんの数分で免許証ができあがった。

法改正で新しくなった項目は、今までは総トン数20トン未満の船を操船することができたが、加えて24m未満の船という項目が付け加えられたが、こちらはレクリエーション目的でないとならない。
つまり、漁船として使用するには講習を受ける必要がある。24m未満というと4~50トンの船になるのでかなり立派な船。

YOKOHAMA AIR CABIN

国内初の常設都市型ロープウェイで、2021年4月22日に開業する。
片道1000円と高めだが、これはのりものというよりアトラクションに近い。コスモクロック(観覧車)が一周15分で900円と比較すれば、所要時間5分でも1000円というのは妥当なところ(個人的には高いので乗らない)

メインテナンス用車両か

車両はフランス製で、車いすでも乗車でき、バッテリーによる冷房があるので夏場でも快適なのだろう。

桜木町駅の目の前に乗り場がある。終点も見えるようにあまり長くはない。

本体はロープに固定されているスキーのリフトのような感じ

8名のり、しばらくは相乗りではなくグループごとになるのだろう(と勝手に予測)

帰りは寄り道しながら歩いて帰り、17000歩歩いてぐったり。
唯一の運動だから。