時差ボケ

海外旅行に出かけたとき、帰ってきたときに遭遇する時差ボケ。
ヨーロッパのように12時間飛行機に乗って、時差は8時間。
ハワイは7時間しか乗らないにもかかわらず時差は19時間。
後者のように、飛行時間が短く時差が大きいときほど時差ボケが生じやすくなる。
飛行機に乗ったらすぐに現地の時間にして、現地の時間に従って行動する。
現地が夜なら、機内食を食べて寝る。
機内食をきちんと食べるということがポイントらしい。
食べること、睡眠によって体内時計が正しく機能することになる。
体内時計と太陽(または光)に当たることはかなり密接で、本来の体内時計と実際の生活のリズムの差を修正してくれる役目を持っている。
おはよう!体いっぱいに光を浴びる、心にも体にも大切な瞬間。

コメントをどうぞ