古賀絵里子さんと行く 鉄道とお酒を楽しむ旅 第2回

待ち合わせ場所にやってきた古賀絵里子さんの開口一番。
「ケータイわすれちゃって…よかった(会えて)」
入れたつもりが入っていなかったそうです。
集合場所は熊谷駅秩父鉄道秩父線のりば。
乗車券類をお客様に渡し、ホームに向かうと既にすごい人の行列。
4両編成のSL列車には1両だけ指定席があるのですが、こちらはすべてJRに委託していて、人数が決まらなければ購入できない団体客には難しいシステム。
お客様に協力いただき、席を取っていただきましたが、すべて確保できて成功。
古賀絵里子さんがボックスシートを回って、フリートークタイムです。
最後のお客様、移動していただいたお客様なので2:1
パレオエクスプレス
秩父に到着し、記念撮影をするために先頭に移動。
この時初めてSLとご対面。
ものすごい人で、前面の撮影は断念。
パレオエクスプレスi
何人かいない記念撮影
秩父駅集合写真
ミラーレス一眼でSLを撮影する古賀絵里子さん
SLを撮影する古賀絵里子さん
マニア的視点(ドアの開け閉めをする車掌スイッチ、客車特有のもの)
12系車掌スイッチ
反対ホームには見向きもされない元東急8090系の、秩父鉄道7500系
7500
東横線に投入されて、大井町線へ転属(まもなく廃車)
Tokyu8090
昼食会場へ。
本日の昼食は秩父地場産地野菜のせいろ蒸し御膳、またはソースカツ丼をあらかじめ選んでいただきました。
ソースカツ丼御膳
せいろ蒸し御膳
せいろ蒸し御膳
古賀絵里子さんとの楽しい昼食の後は、酒蔵見学。
秩父の地酒、武甲酒造。
ここの社長は全国新酒品評会の評価員らしい。
独特の語り口の社長の説明を受けながら、最後に試飲。
この季節にしか飲めない、ひやおろしも出現。
ひやおろしとは、夏に火入れをした新酒を貯蔵しておき、秋に少し熟成したものを瓶詰めしたもの。
武甲酒造で試飲
秩父からは先ほどの元東急の通勤電車。
お客様は睡眠タイム。
熊谷に到着後、オプションツアーの酒場へ(全員参加ですが)
「おでんや球」さん。
一階はママさんのお嬢さんがやっている、スナック奈々。
奈々の上だから、八という予定だったそうですが、熊谷には八というお店がたくさんあったとか。
それで、九ならぬ球。
不公平のないように座席指定制で、古賀絵里子さんがテーブルを回ります。
お座敷で飲んだ後は、たばことトイレを兼ねてカウンターへ。
まさにあの番組の再現
おでんや球
おいしいおでんを食べながら、古賀絵里子さんと杯を重ねる皆さん。
ご参加いただいたお客様、誠にありがとうございました。
次回の10月19日(土)のツアーもよろしくお願いいたします。
おでんや球
http://my-island.jp/kyu/