京急に新車両

新車両といっても、1000形のマイナーチェンジ。
京急は4両、6両、8両編成と4+8の12両編成の列車がある。
6両編成は固定編成で、普通とエアポート急行で運転されている。
地下鉄乗り入れには基準があり、すべて通り抜けられないといけない。
つまり、4+4の8両編成では都営地下鉄に乗り入れることができない。
しかし、4両編成の方がフレキシブルに対応できる。
そこで、貫通扉を備えた1000形を開発。
京急1000形1800番台
(京急Webサイトより)
これでは地下鉄に乗り入れることが出来ない
既存1000形
新1000形はこうなる
1000形1800番台
(京急Webサイトより)
運転席の部分には座席がないので、着席定員が減るので積極的には乗り入れないだろうが、いざというときに乗り入れられる。
個人的にはクロスシートがないことと、運転席の後ろに座席がないのが残念。