大口から妙蓮寺駅

大口から妙蓮寺駅までの道のりに、横浜市立盲支援学校がある。

わかりにくい入り口はここ。

けっこう急な坂。点字ブロックはしっかりあるが、車も通るので歩きづらい。


高台なので景色がいい。ランドマークタワーなどが見える。


横浜市立盲特別支援学校がある。歴史は古く明治21年に開学し、昭和25年に横浜市に移管された。3歳から5歳の幼稚部、小学部、中学部、普通部(高校)、専攻科(あんまマッサージ師、鍼灸師など)が設置されている。大口駅から徒歩8分、妙蓮寺駅から徒歩12分と案内されているが、坂道がきつくこの時間では歩けなそう。
歴史が古いがどうにも歩きにくい道で、横浜駅と新横浜駅からスクールバスが運行されているから大丈夫なのかと心配になる。
すぐとなりには住宅地の中で突然、西寺尾火葬場(民営)があらわれる。煙突があるような古いタイプ。全国的に立て替えするには住民の反対があり、老朽化が進んでしまっているらしい。

現在は盲特別支援学校といわれているが、交差点・バス停は盲学校入口。

坂を降りる途中にある歯科医院、趣味の域を超えたような立派なアンテナ。

車が上ってくる坂道。この坂道を登って帰ってきたことは一度もない。

妙蓮寺駅は正面右側。

大口の入口からおよそ徒歩20分、坂道が結構きつい。

コメントを残す