塩麹としょうゆ麹をつくる

米麹(米に麹菌をつけて乾燥したもの)がスーパーで半額で売られることが数回あって、いくつかたまったのでまた塩麹を作る。調べると、しょうゆ麹なるものもあったので、両方作った。

詳しい分量はネットで見てもらうとして、塩麹は米麹と水と塩、しょうゆ麹は米麹と水と塩としょうゆをまぜる。室温で毎日一回かき混ぜて、一週間くらいで発酵して完成。完成の目安は甘酒のようにつぶつぶが柔らかくなったら。塩麹は少し甘いにおいに変わる。
塩麹は塩麹漬けとして、鶏肉や豚肉を漬け込み、しょうゆ麹はおいしいしょうゆとして調味料に使う(そうだ)
これから一週間、毎日ぐるぐるかき混ぜる。

発酵が進むと分解されて溶けてくる

瓶を出してみると、らっきょう臭い。どうみてもらっきょうが入っていたのだろう。洗っても落ちないこのにおい、どうしたものか。

セスキ炭酸ソーダ

ガスレンジ内部の油汚れをきれいにしようと先日購入したもの。水に溶かしてスプレーなどに入れて使う。重曹に似たものだが、水に簡単に溶けて油汚れに強い。洗濯にも使える。
これを瓶に入れてしばらく振ってみると、一発でにおいがなくなった。ちょっと感動。らっきょうのにおいはとれなかったから。
この一袋で400円くらい(オーケーストア)とんでもない量の洗剤を作ることができる。化学洗剤よりもよく落ちるかもしれない。