枕が変わっても寝られる方法

ホテルや旅館で泊まることが多いのだが、いつも困るのは枕。
枕が変わっても寝られるので、眠れずに困ることはないのだが、枕が高すぎて困ることが多い。
旅館には座布団があるので、座布団一枚だけにして眠ることがある。
一番困ったのは、ヨーロッパ。ふかふかの枕で、我々よりも体が大きいはずなのに、ベッドが小さい。
おそらく、上半身が少し起きるような姿勢で眠るのだろう。
今度ヨーロッパに行くときは、枕を持って行こうか、などと本気で思っていた。
整体師がラジオに出ていて、枕なしで寝て頭がつくようになれば、肩こりが解消されると言っていた。
いろいろ調べてみると、オーダーするような体にあった枕はよいかもしれないが、枕はなくてもよい、使わない方がよいとする記述もあった。
枕なしに慣れれば、どこでも枕が高くて困ることはない。
枕を高くして寝る日は来なかった。

コメントを残す