大倉山梅林

大倉山駅から徒歩10分くらいか。坂道を登るので時間よりきつい。
丘の上には横浜市大倉山記念館(元大倉精神文化研究所本館)
昭和56年に横浜市に寄贈され、現在は会議や教室などに利用されている。

プレ・ヘレニズム様式

入ってもトイレに行くくらいで、特に見るものはない。

公園の奥に進むと梅林が広がる。昭和12年に東急線の乗客を増やすために梅林を開園。のちに横浜市に寄贈される。

広大ではない

梅の説明には、早咲き、中咲き、遅咲きがあるらしい。いまは早咲きが満開に近く、中咲きが咲き始めたところ。今年の観梅会は中止。

咲いている花とつぼみが美しい(個人の感想です)

紅千鳥だったか
しだれ梅は遅咲きだと思う

ミツバチかと思ったら、ナミハナアブ(たぶん)だった。
顔がハエそのもの。

これはミツバチに見える。お尻に針がある。

ハナアブだろう
これもアブだ

帰りは大倉山の商店街、エルム通りのマルシェで、はじめての菊芋を買う。
菊芋はスライスしてドレッシング、スライスしてピーナッツペースト(中華の食材)でおいしかった。
花より食材。