ナローゲージ

鉄道事業者によって、その鉄道の歴史で線路の幅が決まっている。
一度決めてしまうと変えるのは困難。
ここ三岐鉄道北勢線の線路の幅は762ミリメートル。
世界基準で標準軌が1435ミリメートル。
日本では新幹線、京急など私鉄、意外にも地下鉄銀座線や丸の内線。
新幹線以外のJR、東急や小田急、JRに乗り入れている私鉄などは狭軌といわれ、日本では1067ミリメートル。
半端な数字なのはインチだからで、ジャスト1メートルのメーターゲージなども世界には存在する。
線路幅762ミリメートルは、近鉄の一部とここだけ。
もともとは軽便鉄道。
ところが、車両を新しくもできずまさに存続の危機。
近い将来、この鉄道もなくなってしまいそう。
三岐鉄道北勢線

コメントを残す